Python

Python で .env ファイルを読み込むには? python-dotenv を使って 環境変数を設定!

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

今日は、Pythonで環境変数を使うことができる python-dotenv モジュールを使って、 .env ファイルから環境変数を読み込む手順をご紹介したいと思います。

モジュールをインストールする

まずは pip を使ってモジュールをインストールしましょう。

pip install python-dotenv

.envファイルの作成

次に、.envファイルを作成します。実行したいpythonファイルがあるディレクトリに .envファイルを作成してください。

ターミナルから touchコマンドで作成します

touch .env

.envファイルに環境変数を設定します。 [定数]=[値]の形で指定していきましょう。今回は例として EMAIL という環境変数を設定してます。

EMAIL=hoge@example.com

Python側で環境変数を読み込む

では、python-dotenvを使ってEMAILを読み込んでみましょう。 example.pyを作成します。

import os
from dotenv import load_dotenv

# .envファイルの内容を読み込みます
load_dotenv()

# os.environを用いて環境変数を表示させます
print (os.environ['EMAIL'])

以上の記述が終わったらpythonプログラムを実行してみましょう。

python3 example.py

hoge@example.com

が表示されれば成功です!


以上、.envファイルを使う方法でした。

機密情報をgitに上げたくないとき、.gitignore.env を追加して機密性を担保しましょう!

エンジニアにおすすめ転職サイト

マイナビIT AGENT
迷ったらまずはココ。求人数が多いため希望や条件にマッチする求人が見つかる!

レバテックキャリア
担当者のレベルが高い。エンジニア特化で15年の実績がある実績で初回提案での内定率驚異の90%!

JOIN
副業やフリーランスとして高額報酬案件を見つけるならJOIN。未経験者でも案件獲得実績豊富が強み!

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
一緒によく読まれている記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です