プログラミング学習

いろんなサービスのAPI制限を調べてみた

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

今日は、いろんなサービスのAPI制限を調べてみた、というテーマで色々なAPIの利用制限についてご紹介していきたいと思います。

今日、各社がとても便利なAPIを提供していますね。エンジニア養成学校でも必ず取り上げられるトピックです。

ただ、悪意ある人にたくさん利用されないように、APIによって様々な利用制限がついています。

  • APIキーを所持しているユーザのみがアクセスできる
  • 時間毎の利用制限を設定する

「どんなAPIがあるんだろう…」と気になる方、必見です!

Google Books API

書籍を検索・表示することができるAPIです。

1,000回 / 日 とのこと。 Google API Console で確認することができます。

Slack API

APIによって制限レンジが違うようです。

Feature/APILimit
Web API Tier 11回+ / 分
Web API Tier 220回+ / 分
Web API Tier 350+ / 分
Web API Tier 4100+ / 分
Web API Special Tier不定
Posting messages1回 / 秒
Incoming webhooks1回 / 秒
Events API events30,000回 / 時 ワークスペース毎

Github

https://docs.github.com/ja/rest/overview/resources-in-the-rest-api#rate-limiting

Basic 認証または OAuth を使用する API リクエストの場合、1 時間あたり最大 5,000 件のリクエストを作成できます。 

kintone

kintoneはリクエスト数ではなく、取得データや同時接続数で制限をかけているようです

APIによる同時接続数はドメインごとに100が上限です。

https://developer.cybozu.io/hc/ja/articles/201941754-kintone-REST-API%E3%81%AE%E5%85%B1%E9%80%9A%E4%BB%95%E6%A7%98#step12

他にもたくさんあるので、是非チェックしてみてください!

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です