未分類

2020年 Python が +26%の伸び率! – オライリーのレポートを読んでみた

みなさん、こんにちは。どんぶラッコです。

1月25日の話ですが、オライリーが人気言語ランキングを発表しました。

調査内容がかなり興味深い内容だったので、今回はいくつかのトピックを引用しながら、僕なりの考察を書いていきたいと思います!

元記事が気になる方は↓↓のリンクから確認してみてください〜

どんぶラッコ
どんぶラッコ
ここでの usage はオライリーのオンライントレーニングをベースにしているようです!

グランくん
グランくん
ちなみに、オライリーのオンライン学習プラットフォームの利用率は前年度比 +24%だったとのこと。コロナの影響があったとはいえ、すごい増加率ですね…

人気言語比較

出典: https://www.oreilly.com/radar/where-programming-ops-ai-and-the-cloud-are-headed-in-2021/

Python人気が伸びていますね。伸び率は +26%とのこと。

先ほど私のTwitterでは KotlinとSwiftの伸び率が良くないという話をしていましたが、もう一つ、JavaScriptの利用率が思ったより少ないなという印象です。私の肌感覚ですが、もっと利用されている印象です。

Pythonと比較すると約5倍近くの差がありそうです。

(追記: 記事中に Pythonと比較して20%という記述がありました)

あくまでオライリーの教材における利用率なので、オライリーの教材でJavaScriptを学習しようとするユーザは少ないと言えるのかもしれません。

そう考えると、C++、Cなどの低レイヤーに近い部分を学習したいユーザが多いというのは頷けます。

Web開発技術比較

もう一つ、Web開発技術の利用率を比較したグラフもあったのでご紹介します。日本のトレンドとはちょっと違う動きをしているように見えます。

出典: https://www.oreilly.com/radar/where-programming-ops-ai-and-the-cloud-are-headed-in-2021/

Reactは不動の人気を築いています。前年度比 +34%とのこと。凄すぎ。このトレンドはしばらく続くでしょうね。

伸び率をみると、Angular, Djangoなども順調にそのスコアを伸ばしています。

一方、Vue.jsの伸び率の少なさに驚く人も多いのではないでしょうか。

Vueは日本の求人で良く見かける印象です。

実際にGoogleトレンドで比較してみると、Reactと同じくらい検索されている事がわかります。

少なくともオライリーのプラットフォームではシェアを全く撮れていないどころか、利用率はマイナス成長です。

どんぶラッコ
どんぶラッコ
オライリー本でReact本はあるものの、Vue.jsに関する本が出版されている記憶がないので、そこらへんの情報量も影響しているかもしれませんね…。いずれにせよびっくりです。

記事によるとWebAssemblyなどは新しい技術すぎて乗っかってきていないとのこと。


他にも クラウド技術やセキュリティの利用率ランキングなどもあるので、是非元ページもチェックしてみてください!!

ABOUT ME
どんぶラッコ
ECコンサルタント、システムエンジニアを経て、quintet株式会社CTOに就任。普段はNuxt.jsやLaravelを使用しています。

\面白いと思ったら/

記事のシェア & Twitter のフォロー をお願いします!

@proglearn
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です